スタッフリポート | オーダーキッチン ekrea~エクレア~

スタッフリポート

2011.07.04ステンレスカウンターの打痕補修に立ち会いました

先日、お客様から「吊戸から物を落としてステンレスカウンターの表面に打痕をつけてしまいました。直すことはできるのでしょうか?」
とのお問い合わせをいただきました。
お客様からメールに写真を添付していただき状況を確認。


早々、補修屋さんに連絡を取り、補修が可能か否かを確認。
「補修可能!」との連絡。お客様のご都合をおうかがいして訪問日時を決定。

訪問当日、朝 9:00から作業開始
ステンレス鋼板自体の厚みによって作業方法が違います。
今回は厚みが0.8㎜でしたのでカウンターの下からたたき出して研磨していく方法が採られました。
カウンターの下には当然キャビネットが備え付けてありますのでキャビネットをずらしてカウンターの
裏打ち材に穴をあけステンレス鋼板自体をたたく準備をいたします。 
                                   

その穴から金属棒を入れハンマーでその棒をたたきステンレスの表面を起伏させます。
起伏したところで今度は研磨作業の準備です。研磨する範囲(少し広め)を決めそのほかのところにマスカ(塗装用養生材)で
養生をいたします。

サンダーで起伏面を少しずつ、そして何度も何度も研磨しては冷却するといった作業を繰り返します。
急激に研磨をかけるとステンレス自体が焼けてしまい余計な修復手間がかかってしまいます。
ある程度まで平滑さがでたところで今度は手作業による研磨で仕上げていきます。
最初は荒目、順次、細目のナイロン系たわし(織布に研磨粒子を塗布したたわし)でステンレスの目(今回はヘアライン)にあわせて
研磨を繰り返します。
(ここの作業風景は特殊技術のためお見せできません。すいません。)

そして、キャビネットを元にもどしてお昼少し前に無事作業完了!
お客様にも喜んでいただきました。 (Kon)

PAGE TOP

2011.06.18レシピ更新のお知らせハガキができました。

オーダーキッチンのekreaでは、ekreaキッチンをご使用のお客様へご納品後もより快適なキッチンライフをお過ごしいただくために「ミョウガクラブ」というお客様とekreaとのコミュニケーションの場を設けています。

この「ミョウガクラブ」についてはあらためて詳細をご案内いたしますが、ekreaよりお客様へ様々なお役立ち情報を発信しています。

そのひとつに「ekreaキッチンからうまれたおいしいレシピ」があるのですが、一番の特徴はここで紹介されているレシピが実際にご自宅でお料理教室を開くためにekreaキッチンを採用してくださったお客様が提供してくださるレシピということです。

定期的にお客様へお送りするお葉書には毎回実際に撮影したお料理のお写真を添えています。今回は都内でお菓子教室を開いているお客様に作っていただいた「いちごのムース」です。

昨日発送いたしましたので、「ミョウガクラブ」の皆様、楽しみにしていてください。(sio)

PAGE TOP

2011.06.17収納の壺(ツボ)話を更新いたしました。

5/15より、収納の壺(ツボ)話第2話「家庭生活とシュウノウは、きってもきれない蜜月関係」を更新しております。今回もモノをすっきり収納するための壺が満載です。是非ご覧下さい。

PAGE TOP

2011.06.14家具は既製品とオーダーとどっちがいい?(1)

先日、妻の希望で、家具屋さんめぐりをしました。
子供たちは、おじいちゃん・おばあちゃんにお願いして
久しぶりのデート?です。

千葉ニュータウンには、アウトレットの家具屋さん、ホームセンターなど、
街道沿いに店舗が密集していて、車があればいろいろな店舗がのぞけます。

妻は、子供たちを祖父母にお願いできるこの日に備え、
計画を立てていたようで、運転手の私に、「まず、あそこ」
「次はここ」とお目当てのショップを指示して行きます。

店舗はどこも郊外型にふさわしく、大きな駐車場と、広い店舗スペースにいろいろな家具が
並べられ、「まーたくさんあること・・・・!」。
はじめは職業柄、展示品をいろいろ物色して引き出しの中を確かめたり、パーツ類のチェックしたり、
価格をみては「安!」「高!」とか面白がっておりました。

しかし、「ちょっと待って」。ひょっとして家具を買おうとしているのか?・・・
夫の私がオーダー家具や、オーダーキッチン作りを職業としているというのに、他の家具屋さんで家具を買うの???
家内は一言「オーダーで家具を作ると高いじゃない。」

3時間ほどで3店舗、とても疲れてしまいました。
結局、気に入ったものも見つからず、帰ってきたのですが
「あそこの店は色は良いけど、サイズが合わない」「こっちはサイズは良いけど安っぽい」
「ここは、高すぎる」と残念がっていました。             (endo)

PAGE TOP

2011.06.08現場での工事の打合せをしてまいりました。

われわれekreaオーダーキッチンでは、工事をおこなうにあたり、
担当者が現場に伺って工事区分や、工程、取付の詳細などを
打合せます。

新築住宅の場合、キッチンの取付は、建築の引渡し約1ヶ月前くらい。
製作などに約1っヶ月かかるので、引渡しの3ヶ月くらい前から、現場での
打合せを重ねます。

今日うかがった現場は、そろそろ、キッチンの製作にかかります。
現場への取付は7月ごろ、住宅のお引渡しが8月ごろになります。

図面だけだったものが、柱がたち、梁がわたり、壁ができてなんとなく全体像が
見えてきます。お客様と現場でお話をして実際のボリューム感を確認していただきました。

私もつくるのが楽しみになってきました!

PAGE TOP