Step 3. 収納物別計画 | オーダーキッチン ekrea~エクレア~

知っておきたいあんなこと・こんなこと

収納の計画

Step 3. 収納物別計画

これは収納位置の検討に他なりません。収納位置とは、「間口」「奥行」「高さ」に分けられます。順に説明しましょう。

(1)間口

間口方向については、レイアウトに大きく左右されます。
レイアウト上、作業位置が決まり、その作業が最適に行なわれるように収納位置を決めます。

(2)奥行

奥行の基本は「奥行が浅いほど使いやすい」です。
奥行が浅ければ扉をあけて一目で収納物が見え、一回の動作で物を取り出せます。
しかしその分、収納量の確保は難しく、確保しようとすれば平面的にかなりのスペースが必要となります。

一方、奥行を深くして収納量を確保する場合、引出収納などスライド機能を用いることで可能となります。
ただ、引出収納を用いる場合、後で説明しますが、使用できる高さの限界があります。(MAX:1400)
奥行モジュール別に収納可能物を下表にまとめましたので、参考にして下さい。

奥行モジュール別収納可能物

D=300

D=400

D=600

小型調理器具
日常使用食器
コーヒーメーカー
オーブントースター
他、小物食器類

大型食器類
(大皿、大鉢等)

中華鍋
大型鍋等の調理器具
ダストボックス
米びつ
大型電子レンジ
大型オーブンレンジ
ホットプレート等の家電品
ビールケース

(3)高さ

高さについては、作業性、使用頻度、収納物の重量、安全性を考慮して基本となる収納位置を決めます。
基本的には、低い位置に重量物、腰上~頭部の位置に使用頻度の高いもの、
頭部より上の位置に軽くて使用頻度の低いものを収納します。
最近、引出収納が多く使われるようになってきていますが、高さとしては「H1400」が使用できる限界です。
高さ位置別の最適収納物を下表にまとめましたので、参考にして下さい。

高さ位置別の最適収納物

高さ位置

ゾーン

最適収納物

0~H850

フロアキャビネット

(1)重くてかつ使用頻度の高いもの(0~H400)
 ・鍋類、フライパン、米びつ
 ・重い食品(缶詰・酒類・油)
 ・ボトル類

(2)軽くてかつ使用頻度の高いもの(H400~H850)
 ・お玉、フライ返し、菜箸
 ・カトラリー類
 ・まな板、ふきん、ザル、ボウル類
 ・調味料

H850~H1800

ウォールキャビネット
(下部)

(1)重くてかつ使用頻度の高いもの
 ・家電品
(電子レンジ、トースター、コーヒーメーカー)
 ・日常使用の食器類

(2)軽くてかつ使用頻度の高いもの
 ・基本調味料(塩、砂糖・・・)
 ・ザル、ボウル類
 ・ラップ、ホイル

H1800~

ウォールキャビネット
(上部)

(1)軽くてかつ使用頻度の低いもの
 ・木製食器
 ・行事用雑貨、食器
 ・プラスチック容器
 ・来客用食器